千種区猫洞の歯医者〜平岡歯科医院〜

一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・予防歯科・審美歯科・スポーツ歯学

当院の特徴医院の案内医院の写真診療情報診療予約ギャラリーホーム
口腔外科

平岡歯科医院

携帯サイトのご案内

フリーダイヤル:0120-648-851

 

診療メニュー 一般歯科 小児歯科 口腔外科
矯正歯科 審美歯科 予防歯科
スポーツ歯学    

親知らずの抜歯

親知らずは害?

正常に生えている場合
正常な親知らず
 
傾斜して生えている場合
傾斜
 
水平に埋伏している場合
水平埋伏

親知らずの抜歯は、口腔外科の診療で最も多く行われている手術です。そのほとんどは完全に萌出していない状態(半・埋伏状態)で、他の歯の抜歯とは異なり、歯肉を切ったり、骨を削ったり、また歯や歯の根を割って抜歯を行います。

親知らずは最も遅く形成される永久歯で、ほとんどは 10歳代後半から作られはじめ、20歳代前半には歯根まで完成しています。人によっては親知らずがはじめからない場合もあり、またその本数も上下左右の4本がそろっているとはかぎりません。

親知らずは奥歯の一番奥に形成されますので、萌出するスペースが狭く、また、萌える方向が悪いことが多いため、骨の中に埋まったままの状態や、途中で萌出が止まってしまうことが多い歯です。そのため、たとえ歯がはえてきても十分な歯磨きができないため虫歯になりやすく、また隣の歯にも虫歯をつくる原因にもなります。

しかし腫れや痛みも無く、正常に生えていて機能しているのなら抜く必要はありません。 残しておけば、歯牙移植に使用することも考えられます。親知らずは他の歯に比べて歯質が弱い場合が多く、しかもハブラシの毛先がとどきにくいので、ブラッシングは意識して行う必要があります。

 

 

顎関節症について

あごの関節が全身に影響?

顎関節症こんな症状に心当たりはありませんか?

  • 口が開きにくい
  • あごの関節がコキコキと音がする
  • あご関節が痛い
  • あごの筋肉にいつも疲労感が残る
  • 頭痛、耳鳴り、めまい

一概には顎関節症とは言えませんが、疑ったほうが良いかもしれません。
顎関節症は肩こり、手足のしびれ、情緒不安定など、全身にも悪影響を与える恐れがあります。

 

顎関節症の治療

1本の歯から噛み合わせが変わってしまう場合もあります。虫歯や歯周病などによる歯の移動や喪失や、かみ合わせの悪いかぶせものが装着されている場合、また歯ぎしり、くいしばりも破壊的に働きます

  • スプリント(マウスピース)を用いて、顎の位置を安定させること。
  • かぶせものを作り直す。
  • プロビジョナルレストレーション( 噛みあわせをつくっていくための仮歯)を使った治療。
  • 矯正治療
  • 薬物療法
スプリント(マウスピース)
スプリント(マウスピース)

これらの治療法を併せておこないます。一番重要なことは顎関節症というものをしっかりと理解することです。


また治療により症状は確実に改善できること が多いです 。

 

 

 

病診連携関連病院

愛知学院大学歯学部付属病院、名古屋第二赤十字病院、東市民病院と連携し困難な症例を
ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

ページトップに戻る

[一般歯科] [小児歯科] [口腔外科] [矯正歯科] [審美歯科] [予防歯科] [スポーツ歯学]
[当院の特長] [医院の案内] [医院の写真] [診療情報] [診療予約] [ギャラリー] [ホーム]